投稿日:

キャリア版のスマートフォンはAPNの設定がプリセットされている

実は、スマートフォンに格安SIMを端末にセットしただけでは、ネットワークに接続できません。

これは、スマートフォンでネットワークに接続できるための設定が出来ていないからです。

キャリア版のスマートフォンはAPNの設定がプリセットされているのでSIMを入れるだけでインターネットに接続できるのですが、格安SIMを後から購入した場合、インターネット接続の設定を自分でやらなければなりません。

NTTドコモ、KDDIなども格安SIMへ参入してきています。

格安SIM初心者の方や、これのみで使っていくために実績のある安定したサービスの格安SIMを求めている人は、こうした大手通信会社が手がける格安SIMを選ぶことをオススメします。

格安SIMや格安スマホを販売しているたくさんある仮想移動体通信事業者いわゆるMVNOは、ドコモのネットワークを借りてサービスを行っています。

したがって、スペック上の通信の速度は最大150Mbpsなど、どの会社でも大きな差異はない状況です。

しかし、実際の通信速度を調べてみると各社によって違う場合があります。

具体例として利用率の高いお昼休みの時間に確認すると、ダウンロード速度が1.1Mbpsから18.2Mbpsまで大きな差がありました。

多くのサービス提供元もdocomoの回線を使用しているにも関わらず、大きな違いで出る理由はどこにあるのでしょうか。

そのわけは、データ通信の速さは、回線の帯域である太さと設備の品質に影響を受けたりするためです。

「データ回線帯域の太さ」と「設備の品質」とは仮想移動体通信事業者(MVNO)によって違います。

SIMとは、docomoでは、UIMカードKDDI(au)ではauICカード、softbankではUSIMカードと言われているICカードのことを指しています。

スマホ、タブレットに、大手キャリアのものではなく、MVNOのSIMカードを入れて使うと、携帯電話料金を抑えることができるので、話題になっているサービスです。

たいてい、回線帯域がしっかりしていれば、ユーザーが一気に増えたとしても、ネットワークの速度低下は発生せず、ネットワーク設備がキチンとしていれば、データを安定して処理できるので利用者が多い時間帯でも通信速度の低下は発生しづらい、と言われています。

したがって事業者を選定の際には、低価格ということだけでなく回線や設備の品質も含めてサービスを選定する必要があることが分かります。

データ通信が安くできる格安SIM。

1000円前後の月額というものもある格安SIMでは、大体2GBから3GBくらい利用できます。

高速通信(LTE)側を使い切ると速度制限がかかりますが、その状態でも動画再生やアプリダウンロードを除けば、メールの確認やウェブの閲覧等は問題なく出来ます。

大手キャリアのスマートフォンやネットワーク接続できるタブレットには他のキャリアで使えないSIMロックされたものと、SIMロックフリーのものがある。

ドコモ、au、ソフトバンクなどの通信業者が販売しているスマホ、タブレットは、違う回線業者のSIMカードを使えないSIMロックがかけられています。

しかし端末にSIMロックがかかっていても、ドコモのスマホ、タブレットであれば、ドコモの通信回線を借りている仮想移動体通信事業者(MVNO)の格安SIMを利用することができます。

iPhoneで格安SIMを使いたい人はいると思います。

NTTドコモの回線を借りている会社であれば、NTTドコモのiPhoneがそのまま利用できます。

auやソフトバンクのiPhoneは残念ながら使えません。

そうなったら、SIMロックフリーのiPhoneを準備するか、SIMロックを解除する、下駄などを使って何とか認識させることになります。

格安SIMを使うことができた場合、携帯電話料金を安くできます。

通常だと6000円以上かかる料金が、仮想移動体通信事業者(MVNO)だと月々1000円なんていう費用に。

いったん、検討してみても良いかもしれません。

よく読まれてるサイト:格安SIMでかけ放題。おすすめできないの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です